宮古島ダイビング 1日目 『魔王の宮殿/中の島ホール/マリンレイク』 撮影協力:マレア宮古島店

はいさい!最近大分ブログの更新をご無沙汰しておりました、まっつんこと松川です。

早いもので今年も残り数日です。沖縄もさすがにめっきり寒くなってきました。
といってもようやく日中も長袖を着るようになった程度なんですが(笑

さて、今年の前半は全く潜りに行けず、、、
「この人ホントにダイビング担当なの?」
と後ろ指をズサズサさされ、12月からは新人の喜屋武(きゃん)がブログを書き始めて、もはや既に「あの人は今?」の消えた存在となりつつありますが。(´・ω・`)
2016年最後のダイビングブログは、もちろん僕のブログで締めさせていただきます!

これを書かずには、2016年が終わりません。
今回は全3部作で11月末に宮古島のマレア宮古島店を取材したときの様子をご報告いたします。

その前にドンッ!
PADIアドバンスドカード
約40本ほど潜っておりますが、ようやくアドバンスドのCカードを取得いたしました。
しかも、PADI50周年の記念ゴールドカード!
何か得した気分です♪

アドバンスドを取得したのも、今回の宮古島へのダイビング取材のため!
アドバンスドを持ってないと宮古島の3大ポイントは潜れないですからね。

そんなこんなで、楽しみにしていた宮古島でのダイビング、いざ宮古島に到着してみると、、、
砂山ビーチ
北風ビュービューで海は大しけ、空はどん曇り、、、(-_- )
明日は、この海にホントに潜れるのだろうかと不安を抱きつつ、宮古島初日は陸での撮影を行いました。

宮古島での1食目は、もちろん『宮古そば』!
菊栄食堂 沖縄そば
菊栄食堂のおそばをいただきました。宮古そばの特徴のひとつ、具材が麺の下に隠されているタイプのおそばでした。あっさり味で美味しかったですよ。

昼食後は、陸の撮影を進めるも
伊良部大橋
伊良部大橋からの絶景も曇り空で海の色もどんより。

気を取り直して、伊良部大橋を渡り、さらにその先の下地島にある『通り池』まで足を運びました。
通り池
ここは宮古島3大ポイントのひとつで、国の名勝及び天然記念物に指定されています。
海から海中にある大きなトンネルを通って、この大きな池?に顔を出すのですが、海水と淡水が混ざり合い、水中で水の色がブルーからグリーンへと変化するそうです。宮古島に来る前から楽しみにしていたポイントです。

ただ、結果から先にご報告すると、今回の3日間の宮古島取材では「通り池」を潜ることはできませんでした。
ぜひ来年リベンジに行きます!

と、ダイビング初日の様子まで前置きが長くなってしまったので、ここからは文章少なめでダダダーッっと宮古島の水中の景観をご紹介します!

マリンロッジ マレア 宮古島
今回の宮古島取材で3泊4日お世話になったホテル、マリンロッジ マレア。
ダイビングでもお世話になるマレア宮古島店と同じ会社が所有するホテルなので、まさにダイバーのためのホテル!とても快適でした。

平良港
マレア宮古島店さんは、たいてい平良港からの出港となるようです。港までは送迎車で向かいます。

マレア ダイビング船

マレア宮古島店 ダイビング1
平良港より、いざ出港!

マレア宮古島店 ダイビング2
マレア宮古島店の岡田さん。この日、1本目のポイントは『中の島ホール』

宮古島ダイビングの初日スタートです!
宮古島ダイビング 中の島ホール1

宮古島ダイビング 中の島ホール2

宮古島ダイビング 中の島ホール3

宮古島ダイビング 中の島ホール4

宮古島ダイビング 中の島ホール5

宮古島ダイビング 中の島ホール6

見ていただければわかりますが、1本目から「こんな穴に入るの?」ってとこから一気に水深約30mまで縦穴がズドーン!最後は砂時計型の出口で青い光を堪能して終了です。
縦穴を落ちるときは、もう心の中では「ウヒョー!」って叫んでましたよ。そうです。「ウヒョー!」です!
1本目潜る前は正直、「地形よりも、綺麗なサンゴと魚がいる海潜るほうが好きなんだよなー。」と思ってましたが、完全に舐めてました地形!ごめんなさい地形!1本目からワクワク、ドキドキのダイビングを堪能できました。

——————————
2016年11月25日(金)
潜水地:宮古島・中の島ホール
気温:24度、水温:27度、透視度:25m
潜水時間:34分(10:05~10:39)
平均深度:14.5m、最大深度:28.3m
——————————

マレア宮古島店 ダイビング3
続いて、少し移動して2本目は『魔王の宮殿』!
早速きました宮古島3大ポイントのひとつ!
宮古島ダイビング 魔王の宮殿1

宮古島ダイビング 魔王の宮殿2

宮古島ダイビング 魔王の宮殿3

宮古島ダイビング 魔王の宮殿4

宮古島ダイビング 魔王の宮殿5

宮古島ダイビング 魔王の宮殿6

宮古島ダイビング 魔王の宮殿7

宮古島ダイビング 魔王の宮殿8

宮古島ダイビング 魔王の宮殿9
ここが有名な『魔王の宮殿』です!

宮古島ダイビング 魔王の宮殿10

宮古島ダイビング 魔王の宮殿11

宮古島ダイビング 魔王の宮殿12

『魔王の宮殿』で一番驚いたのが、その入口。
「え!こんな狭い穴から入るの?」と、入ったらすぐに、その先は真っ暗な闇の世界。水中ライトは必須です。
最初にこんなところを発見した人は、きっと変態、いやかなりの冒険家なんだろーなーと思いながら潜っておりました(笑

——————————
2016年11月25日(金)
潜水地:宮古島・魔王の宮殿
気温:24度、水温:27度、透視度:25m
潜水時間:38分(11:17~11:55)
平均深度:14.9m、最大深度:24.0m
——————————

マレア宮古島 ダイビング4

マレア宮古島 ダイビング5

少し場所を移動して、お楽しみのランチタイムです。
マレア宮古島 ダイビング6
この日はマーボー丼。
マレア宮古島 ダイビング7
「うまっ!」
なんでダイビングをした後は、あんなにお腹がすくんでしょうね(笑

宮古島ダイビング マリンレイク1
初日最後の3本目は、マリンレイク(別称:蜂の巣ホール)と呼ばれるポイントです。

宮古島ダイビング マリンレイク2

宮古島ダイビング マリンレイク3

宮古島ダイビング マリンレイク4

宮古島ダイビング マリンレイク5

宮古島ダイビング マリンレイク6

宮古島ダイビング マリンレイク7

宮古島ダイビング マリンレイク8

宮古島ダイビング マリンレイク9

宮古島ダイビング マリンレイク10
今はなくなっていますが、昔はここに大きな蜂の巣があり、蜂の巣ホールと呼ばれていたそうです。

宮古島ダイビング マリンレイク11

宮古島ダイビング マリンレイク12

宮古島ダイビング マリンレイク13

宮古島ダイビング マリンレイク14

宮古島ダイビング マリンレイク15

宮古島ダイビング マリンレイク16

宮古島ダイビング マリンレイク17
ここは小さな「通り池」のようなポイントで、海中トンネルを通って淡水面へ移動します。
このポイントの難点は、淡水面の冷たいこと!(笑
ただ、トンネル内は光が差込み綺麗なポイントがいくつかあり、幻想的でしたよ。
もっと晴れていれば、いい光が撮影できたけどなー!

——————————
2016年11月25日(金)
潜水地:宮古島・マリンレイク
気温:24度、水温:25.8度、透視度:20m
潜水時間:41分(13:27~14:19)
平均深度:10.2m、最大深度:15.1m
——————————

店舗に戻ってログ付け。
マレア宮古島 ログ付け1

マレア宮古島 ログ付け2

マレア宮古島 ログ付け3

これにて、宮古島ダイビング初日終了です!

3本とも十分に面白いポイントで、地形の魅力にどっぷりはまった宮古島1日目となりました。

それと番外談ですが、初日の夜(ダイビング1日目前日)は那覇にショップがあるNEWSの磯谷さんと会食をさせていただきました。
NEWSさんは、マリンレジャー事業の他にレンタカー事業も行っていて、たまたま磯谷さんはレンタカーの宮古島店にヘルプで来ていたとのこと。
前入りしていた当サイト撮影担当の緑川と街でバッタリ出会い、この日の会食となりました。
そんな奇遇にも恵まれ、大満喫の宮古島スタートとなりました。

それでは、近日中に宮古島ダイビング2日目の様子もご報告いたしますね。
それでは、また!

 
宮古島ダイビングの魅力

その他記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ