ハゼにしっかりと寄るために、覚えておいて欲しい5つのポイント

小さなハゼをしっかりと観察したり、写真に収めるためには、近くに寄ることが大切です。気持ちだけが先走って、ハゼを穴に引っこませてしまわないために、覚えておいて欲しいことをお話します。 【1】しっかりと着底する ハゼエリアに・・・

回遊魚ってどんな魚?よく聞く言葉だけど意外に知られていない話

ダイビングのサイトや雑誌を見ていると、回遊魚という言葉が頻繁にでてきます。バラクーダやギンガメアジのように、グルグル渦を巻く魚を回遊魚だと思っているダイバーも、とても多いです。今回は回遊魚ってどんな魚かについて、書いてみ・・・

自分の力で魚を見つけるために、絶対に覚えておきたいこと

このポイントにいるはずとわかっていても、お目当ての魚を自分で見つけることは、なかなか難しいです。でもガイドではなく自分自身の力で見たい魚を見つけた時の感動は、とても大きいです。そのために大切なことをお話しします。 【1】・・・

与那国島の遺跡ポイントを潜るために、覚えておきたいこと3つ

与那国島の海底に沈む巨岩群は、太古の昔に人間が作ったものなのか、それとも自然の構造物なのか、未だに謎のままですが、初心者ダイバーがこのポイントに潜るために覚えておいて欲しいことを3つお話します。 【1】その背景を知る 遺・・・

イルカと一緒に泳ぐために身につけておきたい5つのスキル

なぜダイビングやシュノーケリングを始めたのですか、と聞くと5人に1人くらいは「イルカと一緒に泳ぎたいから」と答えてくれます。でも、実際に目の前にイルカが現れても、ほとんどの野生のイルカはこれができないと、一緒に泳いではく・・・

快適なダイブクルーズをするために覚えておきたいこと

海外ではダイブクルーズの人気も高まっています。朝起きてから眠るまで船の上での生活が続くので、ホテルに滞在してポイントに向かう等のわずらわしさもなく、朝一番の誰も潜っていないポイントへエントリーできる等、ダイブクルーズなら・・・

こんなはずじゃなかったのに、格安ダイビング器材の落とし穴

最近はインターネットで、格安でダイビング器材を購入することができるようになりました。でも、もともとダイビング器材はインストラクターのアドバイスを受けながら、自分にあったものを揃えるものでした。ネット通販などで購入したダイ・・・

飛行機搭乗時にダイビング器材を上手に預ける方法

ダイビング器材は衝撃にも弱く、投げられたり落とされたりすると、壊れてしまう可能性があります。また最近は預け入れ荷物の重量制限も厳しく、国内では通常20キロを超えると超過料金を要求されます。今回は安心してスムーズに飛行機に・・・

最近話題のジュゴンといっしょに泳げる海

マナティと一緒に泳げる、アメリカのフロリダ、クリスタル・リバーがここ数年脚光を浴びて、世界中からマナティーを求めてダイバーやシュノーケラーがやってきています。それならこっちはジュゴンだ、とジュゴンと一緒に泳げることを売り・・・

はじめての海外ダイビング!海外旅行傷害保険はどうすればいい?

最近は政情が不安定な国もあり、ただでさえ何が起こるかわからない海外旅行。しかもダイビングをするとなると、もしもの時に備えて海外旅行傷害保険には絶対に入っておきましょう。さまざまなタイプの保険の中から、あなたに合った保険の・・・

サブコンテンツ