最近話題のジュゴンといっしょに泳げる海

マナティと一緒に泳げる、アメリカのフロリダ、クリスタル・リバーがここ数年脚光を浴びて、世界中からマナティーを求めてダイバーやシュノーケラーがやってきています。それならこっちはジュゴンだ、とジュゴンと一緒に泳げることを売りにしたリゾートが現れました。今回はそのリゾートについての詳細を書いてみます。

【1】リゾートについて

このリゾートは、フィリピン、カラミアン諸島のディマクヤ島にあるクラブ・パラダイスです。モルディブと同じ、1島1リゾートの形態をとっており、島まるごとが広大なホテルの敷地になっています。このビーチのハウスリーフにジュゴンがやってきます。

【2】ジュゴンについて

ジュゴンはイルカ等と同じ海に棲むほ乳類であり、ジュゴン属ジュゴン科に属します。成長すると全長3メートル、体重450キロにもなります。同じカイギュウ目に属するマナティと混同されがちですが、ジュゴンの好きな海藻は暖かい海に生えるアマモであるため、ジュゴンは暖かい海にしか棲めません。対してマナティは、海藻だけでなく淡水の水草も食べるため、暖かい海だけでなく冷たい海や汽水域、淡水でも生息が可能です。ジュゴンの寿命は70年くらいと言われています。

【3】ジュゴンと泳ぐ

ジュゴンは非常に臆病な生物です。そのため姿を見つけてもボートで追いかけるられると、一目散に逃げたり深く潜ったりして逃げてしまいます。そのため、ジュゴンと一緒に泳ぐにはジュゴンが餌を食べにくる餌場で待っていることが確実です。クラブパラダイスのハウスリーフには、ジュゴンの大好物のアマモがたくさん生えています。この海域には30頭を超す数のジュゴンが生息すると考えられているので、気長に待っていると、ジュゴンがゆっくりとやってきます。決して驚かしたりはしないように。

新しいアクティビティ、ジュゴン・スイム。まだまだ日本ではマイナーですが、これから火がつきそうな予感です。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ