快適なダイブクルーズをするために覚えておきたいこと

ダイブクルーズ

海外ではダイブクルーズの人気も高まっています。朝起きてから眠るまで船の上での生活が続くので、ホテルに滞在してポイントに向かう等のわずらわしさもなく、朝一番の誰も潜っていないポイントへエントリーできる等、ダイブクルーズならではの利点もあります。しかし場合によっては、こんなはずではなかったということも出てきます。今回は快適なダイブクルーズをするために、覚えておいて欲しいことをお話しします。

【1】船の設備について

眠れればよい、潜れればよいという人は問題ないですが、短いものでも3日間、長いものだと2週間も船の上で過ごすことになります。キャビンやトイレ、シャワー等の設備が自分の許容できるものなのかどうかを、事前に情報収集しておきましょう。民宿から豪華なリゾートホテルまで、宿泊先はさまざまです。旅行に行く時は、いろんな観点から宿泊先を吟味することと思います。それと同じ視点で船を選んでください。ぺったんこな枕や固いベッド、清潔でないリネンやトイレ、こんな環境で過ごすのは無理と感じてしまい、楽しめなかったというダイバーが数多くいます。

【2】食事について

これは好みもあるのでなかなか難しいですが、わかる範囲でクルーズ中の食事のメニューや味付け、ボリューム等を調べておきましょう。味付けが合わずに食事をほとんど摂れず、おやつやデザートだけで数日間過ごした話や、日本人向けのクルーズでは食事の量が少なく、空腹で眠れなかったという話も聞きます。

【3】参加ダイバーやクルーについて

知らない人たちと、何日間も過ごすことになります。同じダイバー仲間と思えれば楽しいですが、国籍や年齢、性別、経験本数等さまざまな人たちが集うのでしかたがないことだとは思いますが、自分とはまったくかけ離れた人たちばかりだと、いろんな面で気を遣うだけの旅となってしまいます。

事前にしっかりと情報を集めて、楽しいダイブクルーズの旅をすごしてください。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ