Q&A|ダイビングと安全について…潜水病(減圧症)にならないか不安です

ダイビングQ&A

潜水病(減圧症)にならないか不安です
しっかりと知識を身に付けて備えましょう! 潜水病(減圧症)は急激な気圧の変化で身体の組織や体液に溶けていた気体が体内で気化し、神経を圧迫したり血管をふさいでしまう症状です。潜水病を起こす要因は個人により異なるので、しっかりとした知識を身に付けて備えることが大切です。オープンウォーターの講習や、体験ダイビング前のブリーフィングで習う水中での基本ルールをしっかりと守り、無理のないダイビングを心掛けましょう。

また、ダイビングのあとは気圧変化による体の悪影響を避けるため、通常24時間以内に飛行機に搭乗してはいけないルールがあります。沖縄旅行中のダイビングでは、帰りの飛行機に余裕を持ったプランを立てましょう。

その他

ダイビングをはじめる前に

ダイビングと安全について

ライセンス(Cカード)について

シュノーケリングについて