沖楽(おきらく)では、沖縄のダイビング・シュノーケリング業界団体の「安全基準認定」をクリアした店舗のみを掲載しています。

【沖楽】のプラン掲載に関する方針

当社 株式会社SEECは、【沖楽】をご利用いただいたお客様の
「沖縄旅行をもっと楽しく」を事業理念として、サービスを運営しております。

その第一義の基本原則が「お客様の安全」と考え、リスクを有するアクティビティにつきましては、
ご利用いただくお客様のリスクを低減し、安心して【沖楽】をご利用いただくため、本基準を定めています。

掲載基準

【沖楽】にプランを掲載するに際し、事業者に対し事前に以下の5項目を確認を行っております。
1つでも基準に満たない項目がある場合、【沖楽】には掲載できません。

① 独自性を重視し、類似プランを多数掲載しない
すでに【沖楽】に掲載済みのエリアプランに追加する形で、同じような内容・価格で特に独自性のないプランは、原則として掲載しておりません。掲載前に、プランの内容や行程等、詳細の確認を行っております。
独自性を重視
② ダイビング業界団体の「安全基準認定」をクリアした店舗のみを掲載
「ダイビング」と「シュノーケリング」のプランにつきましては、沖縄県公安委委員会より指定された『安全対策優良海域レジャー提供業者』、もしくはダイビング指導団体『PADI』の正規ショップのみに掲載を限るものとします。
安全基準認定
③ 保険の加入とお客様への補償内容の確認

【沖楽】にプランを掲載している事業者には、加入している保険内容のコピーの提出を義務付けています。
【沖楽】をご利用のお客様に万一の事故が起こった場合、保険が適用されることが掲載の原則となっております。

また掲載プランの体験取材を行い、現場にて保険の適用範囲内で運営されているか、沖楽スタッフが実際に確認も行います。
送迎付きツアーに関しましては、送迎車両の任意保険加入も必須となります。

また保険更新時期には、再度保険内容のコピーをご提出頂き、体制の維持監視を行っております。
※ただし、当社にて事故のリスクが低いと認められるプラン
(例:シーサー作り、琉装体験、スパ等)につきましては、本項目は対象外となります。

保険の加入

④ 法令遵守

掲載の際に、そのショップが法令を遵守しているか確認するため、事業ごとに必要な届出や免許のコピーの提出を義務付けています。
例えば、ダイビングの場合は「高圧ガスの販売事業届」や「潜水士免許」「ガイドダイバー名簿」のコピーなど、必要事項の提出を受けて確認をしています。

法令遵守

⑤ 同業他社へのヒアリングによる、業界内評価の確認
【沖楽】では、お客様に安心してご利用いただくためにも、同業界他社の評価・評判も重視しております。
【沖楽】掲載前に、沖楽掲載事業者やその他業界他社の複数社にヒアリングさせていただき、評価・評判が悪いと認められる事業者は掲載をお断りしています。

事故発生時の対応と再掲載について

【沖楽】にプラン掲載後に、掲載店舗において重大な事故(入院を要しない事故を除く)が起きてしまった場合、事故にあった方が【沖楽】経由のお客様か否かに関わらず、発生から1週間以内に、店舗より弊社までの連絡報告を義務付けています。

事故発生店舗からの連絡次第、過失の有無が確認できるまでは、一旦【沖楽】への掲載停止となります。

もし、1週間以内に店舗からの連絡がなく、後日事故が発覚した場合には、無期限の【沖楽】への掲載停止となります。

過失が認められない場合
後日、事故の経緯等を店舗からの報告やヒアリングで確認し、事故の原因が予期できない病気(心筋梗塞や脳梗塞)等に起因し、該当店舗及びスタッフが刑事罰に問われないと認められた場合には、【沖楽】へのプラン掲載が再開となります。

また、刑事裁判にて過失が認められなかった場合は、事故にあったお客様への対応や補償等その後の経緯の報告を受け、弊社がその内容に問題がないと判断した場合、掲載を再開します。

ただし、虚偽の報告が発覚した場合には、無期限の掲載停止となります。
過失が認められた場合
刑事裁判により、過失が認められた場合には、弊社判断により別途掲載停止期間を定めます。
(ダイビングに関しては、各指導団体の定める認定停止期間に準じます。)

各認定団体による処罰の期間の終了に伴い、【沖楽】掲載停止期間終了後に、該当店舗に改めてお客様への対応や補償等その後の経緯、再発防止に向けた取り組みや改善策の報告を義務付けており、再度当社にて体験取材を行い、業務改善が行われているか確認を行います。

また、業界内評価の確認も再度行い、特に問題がない場合には掲載を再開します。

指定団体の認定について

安全対策優良店

① 沖縄県公安委員会『安全対策優良店』の登録基準

【マル優マークとは】

安全対策優良店マーク(マル優マーク)は沖縄県公安委員会が定める厳しい安全基準をクリアした事業者だけが指定を受ける事ができる「安全対策優良店」の証明です。
>>詳しくはコチラ(http://沖縄ダイビング予約.jp/maruyuinfo/

安全対策優良店制度の趣旨

沖縄県内のマリンレジャー事業者の中には、残念ながら・・・

  • ・安全対策や事故防止策が人的にも設備的にも不十分。
  • ・県水上安全条例に基づいた事業届けを行っていない。
  • ・危険を伴うマリンレジャーでも無資格者がお客様を案内している。
  • ・ホームページや広告等に記載したサービスが実施されない。
  • ・サービス精神がなく、お客様が不安や恐怖を感じる対応を行う。

などの苦情が多く寄せられる事業所が存在します。

上記のようなトラブルをなくすために沖縄県では、一般財団法人沖縄マリンレジャーセイフティービューローが中心となって各マリンレジャー事業者の審査・指導を行い、沖縄県公安委員会が定める安全対策基準が十分に満たされていると認めたマリンレジャー事業者のみを「安全対策優良海域レジャー提供業者」(安全対策優良店)と認定する制度を設けています。

ダイビング等の潜水業に関する審査項目の例(一部抜粋)

対象となる事業者
⇒事業の届出をした日から、概ね1年以上営業をしている事業者

  • チェック事項(一部抜粋)
  • ガイドダイバーとして有資格者(インストラクター等)を配置しているか。
  • 正常な器材の完備と事前の安全点検を行っているか。
  • 危険が生ずるおそれがある場所で潜水行為を行っていないか。
  • 潜水者(ゲスト)の名簿の備え付け、および保存を行っているか。
  • 潜水上の遵守事項の策定及び周知を行っているか。

など多岐にわたる審査基準があります。

PADI

② ダイビング指導団体『PADI』正規ショップ認定の国際基準

『PADI』とは

PADI(パディ)とは、日本はもとよりアメリカ・カリフォルニア本部を筆頭に、世界で5800以上の正規登録店舗を持つ、世界最大のスキューバーダイビング教育機関です。

その正規ショップ「PADIダイブセンター」や「PADIダイブリゾート」に指定されるには、店舗施設やスタッフの実績、サービスのクオリティや、各種保険への加入など安全に関する様々な条件、環境への配慮などを満たす必要があり、PADIの正規ショップに加盟している事は、ダイビングショップとして、優良店舗の証明とさえ言えます。
>>詳しくはコチラ(http://www.padi.co.jp/visitors/program/wh_3.asp#1

PADI正規ショップ加盟に必要な条件(一部抜粋)

対象となる事業者
⇒事業の届出をした日から、概ね1年以上営業をしている事業者

  • ガイドダイバーとして有資格者(インストラクター等)を配置しているか。
  • 正常な器材の完備と永続的な安全環境の維持。
  • 店舗やインストラクター等への適正な保険加入。
  • PADI正規店舗として相応しい店舗設備。
  • 法令の順守。
  • 潜水上の遵守事項の策定及び周知を行っているか。

上記のような厳格な基準をクリアする事で、晴れてPADI正規ショップとして認定されます。

【沖楽(おきらく)】をご利用いただく皆様へ

沖楽では、サイトをご利用いただく皆様に、より安心して沖縄でマリンレジャーを楽しんでいただくため、
特に大きな事故につながる可能性の高い、ダイビング事業者につきましては、
沖縄県公安認定『安全対策優良店』、もしくはダイビング指導団体『PADI』の正規店のみを掲載し、
「格安」よりも「安全面」や「サービスの質」を重視したプランのご紹介を行っております。
また、掲載にあたっては、「賠償責任保険」「傷害保険」を完備しているかどうか、
「AED」や「酸素吸入器」を設置しているかどうかなども確認して、サイト上にその有無を明示しております。

どうしても「価格の安さ」や「ホームページの見栄え」などでショップを選びがちですが、
せっかく沖縄に来て、後悔や嫌な思いをしないためにも、「安心」「安全」をご考慮の上で、
皆様にあった店舗をお選びいただきたいと考えます。

画像1