【沖楽】|宮古島ダイビングポイント「南部エリア」をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮古島エリア

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『プロビデンスⅡ』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『プロビデンスⅡ』

ぷろびでんすつー プロビデンスII
宮古島北・八重干瀬 初級者以上 水深 8m~最大30m
「八重干瀬のブルーコーナー」と呼ばれるほど豪快なポイント!北のリーフの端に位置し、干満での潮の影響で激しい流れが起きるのですが、その時の透明度と魚影には圧巻!イソマグロにロウニンアジ、バラクーダの群れにマダラトビエイと大物遭遇率はNo.1です。
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ハナダイアーチ』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ハナダイアーチ』

はなだいあーち ハナダイアーチ
宮古島北・八重干瀬 中級者以上 水深 7m~最大28m
水深が5~10mの浅い場所には、無数のアカネハナゴイとキンギョハナダイの群れ!強い潮流でできたような横にくぐるアーチがあり、そこからのヤビジブルーと魚影の景色は抜群です。
「軍艦岩」と呼ばれる名前通りの形の根もあり、こちらも魚影が濃すぎるポイントです。
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ハナダイコーナー』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ハナダイコーナー』

はなだいこーなー ハナダイコーナー
宮古島北・八重干瀬 中級者以上 水深 最大20m
ここと”ハナダイアーチ”プロビデンス”は、八重干瀬北側の大きなリーフの外側に位置します。
外洋に面しており、砂地にサンゴというイメージとは間逆の、流れの強いドロップオフにたくさんの魚の群れと回遊魚というダイナミックなスポット。
かなりのスキルが必要です。
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『キジャカお花畑』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『キジャカお花畑』

きじゃかおはなばたけ キジャカお花畑
宮古島北・八重干瀬 初級者以上 水深 12m~最大20m
「キジャカ」は八重干瀬の中では一番近いリーフで、マレアが利用するポイントでは最もサンゴの群生がキレイな場所!足の踏み場も無いほどのピンク・ブルー・イエロー・グリーンのカラフルな枝状サンゴに、落ちてるサンゴのキクメイシ。
もちろん魚も多い超癒しスポット!
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ナマコスペシャル』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ナマコスペシャル』

なまこすぺしゃる ナマコスペシャル
宮古島北・八重干瀬 初級者以上 水深 最大12m
白い砂地の大きな根にたくさんのイソバナがつき、そのまわりにはキンメモドキが群れるという沖縄定番スポット。
しかしこのポイントで驚きなのはポイント名にもついているナマコ!巨大ナマコがビックリするくらいいっぱいいます!なにやら砂地の栄養が豊富とのこと。
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ホワイトシティ』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ホワイトシティ』

ほわいとしてぃ ホワイトシティ
宮古島北・八重干瀬 初級者以上 水深 最大20m
リーフの端が湾状にえぐれた場所があり、その中にボートを停めて潜るポイント。
名前の通り真っ白な砂地のポイントですが、沖合いに面しているのでウミガメやナポレオン等の大物が出ることも。
水中は-5~30mまで続く長い坂になっており、まるでゲレンデの様です。
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ホワイトガーデン』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ホワイトガーデン』

ほわいとがーでん ホワイトガーデン
宮古島北・八重干瀬 初級者以上 水深 最大13m
八重干瀬のリーフとリーフの間に位置する「水路」のポイント。
浅いので晴れた日にはとても美しいサンゴと、キラキラ光るスカシテンジクダイの群れに、紫とオレンジのフタイロハナゴイがアクセントになる癒し系ポイント。
時に流れが強くなるがその時の透明度は抜群!
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ドゥ・イースト・パラダイス』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『ドゥ・イースト・パラダイス』

どぅ・いーすと・ぱらだいす ドゥ・イースト・パラダイス
宮古島北・八重干瀬 初級者以上 水深 10m~最大16m
八重干瀬とは元々「8つの大きな干瀬」という意味でついた名前。
宮古島の漁師さんは、それぞれの干瀬を体の部位などで呼びます。
「ドゥ」はそのまま「胴」の意味で、このドゥの東にはサンゴの砂地にスカシテンジクダイとキンメモドキが溢れる楽園があります。
マップに戻る
宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『プロビデンスI』

宮古島周辺ダイビングポイント 宮古島北部・八重干瀬エリア 『プロビデンスI』

ぷろびでんすわん プロビデンスI
宮古島北・八重干瀬 中級者以上 水深 6m~最大25m
18世紀に八重干瀬で座礁したイギリス海軍の船「プロビデンス号」の名前がついたポイント。
オーバーハングした根があり、流れの影響を受けやすいですが、たくさんのキンギョハナダイやアカネハナゴイ、カシワハナダイの群れと大きなピンク色のイソバナが美しいです。
マップに戻る