オープンウォーター・ダイバー講習(3日目) @慶良間 その1

はいさい!まっつんこと松川です。
昨日に引き続き、オープンウォーターダイバー講習3日目のご報告です。

3日目の課題は下記。

【3日目】
・水中でのBCD/ウエイトの脱着
・緊急スイミングアセント
・コンパスナビゲーション

この日は、にっしーことアークダイブの西尾さん(以下、にっしー)がマンツーマンでついていただきました。。。またまた恐縮です!

水中での脱着や緊急スイミングアセントなどドキドキする課題は残ってますが、なんといってもこの日は25度を超える晴天!!!
11月末だというのに船上でも半袖で平気なほど暖かい上に波も穏やか、海の透明度はおよそ30mと最高にコンディションの良い日となりました!
最終日、これは何かに祝福されているってやつですかね!(笑)

1本目は男岩(うがん)ポイント

慶良間 男岩ポイント

座間味島の北にあるポイントで、この日は波も穏やかだったので潜れたのですが、これから冬に入るとなかなか潜れないポイントだそう。

オープンウォーターダイバー講習3日目 慶良間1
マスク越しでも緊張気味なのがわかりますね。(^^;)

ジャイアントストライドエントリー
初めてのジャイアントストライドエントリー!若干ふらついてます。

オープンウォーターダイバー講習3日目 慶良間2
慶良間での初ダ~イブ!このときは、この後の脱着の手順が頭の中をグルグルと回っていて、全く楽しむ余裕はありませんでしたけど(^^;)

▼水中でのBCD/ウエイト脱着▼

オープンウォーターダイバー講習3日目 BCD脱着
オープンウォーターダイバー講習3日目 ウエイト脱着
水中でタンクが外れてしまった場合にBCDを脱いでタンクを固定し直したり、水中でウエイトを外したりするときに必要なスキルだそうですが、水中にいることだけでもまだドキドキの状態なので、時間をかけてもいいので落ち着いて冷静にやることだけを考えていました。

1本目での水中課題を終えた後は、お楽しみの水中ツアー♪
オープンウォーターダイバー講習3日目 慶良間 男岩ポイント
前日までの砂辺とは水深も違えば、地形のダイナミックさもやっぱり全然違いました!

▼ハナビラクマノミ▼

慶良間 男岩ポイント ハナビラクマノミ
▼ハナヒゲウツボの幼魚▼

慶良間 男岩ポイント ハナヒゲウツボ
▼カスミチョウチョウウオの群れ▼

慶良間 男岩ポイント カスミチョウチョウウオの群れ

1本目は残圧が50を切ったあたりからは、かなりドキドキしていましたが、最後に出会えたカスミチョウチョウウオの群れは綺麗だったなー。
ハナヒゲウツボは幼魚だけでしたが、大きくなると綺麗な青色になるそう。今度来るときはカメラ持参で来ます!

2本目はポイントを座間味島の知志へと変えて、残る課題へ!
緊急スイミングアセントでは、浮上中最初に空気を吐きすぎてしまい水面まで全然息が持たず、やり直しとなってしまいましたが、なんとか2回目でクリア!
コンパスナビゲーションは、コンパスの使い方さえ最初に理解しておけば大丈夫だと思います。
アドバンスドレベルになるとコンパスを見ながら四角を描くように移動して、元の位置に戻るなどの課題があるそうです。
オープンウォーターダイバー講習3日目 コンパスナビゲーション
「緊急スイミングアセント」「コンパスナビゲーション」を終えて、これにてオープンウォーターダイバーの全スキル終了!
オープンウォーターダイバー講習3日目 全スキル終了!

課題を終えた後は、知志の水中ツアーを楽しみました。

▼大きなハマサンゴ▼

座間味島 知志ポイント ハマサンゴ
洞窟の天井の亀裂から差し込む光がキレイ!
座間味島 知志ポイント
この洞窟ポイントでは、なんとかマスクを光らせる写真を撮ろうと試みたんですがダメでした。。。次回リベンジします!

これにてオープンウォーター・ダイブ4本目終了!これで晴れてオープンウォーターダイバーです!

2本目を終えての感想は、やはり最終日は慶良間に来て良かった!ということにつきます!
ダイナミックな地形も体験できたので、まだまだペーペーですが講習中に多少なりともダイビングの醍醐味を体験させていただくことができて、沖楽担当としてはかなり良い経験となりました!

船に上がるなり
「3本目オプションで行きますか?」「行きます!」
と3本目も即決!

3本目は、記念すべきファンダイブ1本目でもあります。

3本目の様子は、また次回にでも。
それでは、また!

その他記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ