慶良間島体験ダイビング挑戦「ランチ編」

慶良間体験ダイビング|ランチタイム1

潜った後はご飯!ということでランチタイムに入りました。
スタッフの天野さんが調理場に入るといい匂いが!これはカレー(ハヤシライス)の匂いだ!

実はこのご飯にシーマックさんのこだわりがあるのです!一般的なダイビングショップでは冷たい弁当を温めて出すそうですがシーマックスはわざわざ船上で調理し料理を出してくれるのです。一緒に船に乗っていた常連さんも、温かい手作り料理や生野菜・サラダを出してくれる所はないそうで満足していました。ファンダイビングで沖縄に来られるリピーターさんにとってはご飯が違うだけでかなり満足度違います。

ハヤシライス

僕たちはこれが初めてなので温かい料理が出てくるのがあたりまえだと思っていましたが、違うのね・・・

体験ダイビング|ランチタイムしかーし・・・

僕は船酔い気味だったのでご飯を余り楽しむということはできませんでした。

温かいみそ汁は船酔いでダウンした後の僕にとってはすごくやさしい味。ハヤシライスものすごく美味しかったので体調が万全な時にもう一度食べたい!

ご飯を食べながら船長の松井さんと少しお喋り

松井さんいわく沖縄にはダイビングショップは多く存在しているが、長く続いている所は少ないそうで、さらに沖縄の人が運営しているショップは数える程度だと教えて頂きました。(シーマックスさんは17年続いている老舗)

僕が「長続きする秘訣はありますか?」と聞くと松井さんは「特にないよ」とさらり・・・・

その一言を聞いてあたり前のことを一生懸命真面目にやっているから「特にないよ」と言えるんだなと感じました。(あくまでも僕の勝手な解釈です。)

なぜならお客さんの話を聞いていると

シーマックス|船内

    • 来るたびに船の内装が変わっている
    • 温かいご飯がうれしい
    • おもてなしされているみたい

…etc

と、大変満足されているので、次回も来てくれるよう相当努力しているなと思っていましたが、松井さんの「特にないよ」という一言を聞くとお客様が満足してくれるようなことをシーマックさんは自然に出来ているんだなと・・・

こう真面目に書いてみましたが・・・「イヤイヤイヤそれは違う!」と松井さんからご指摘があったらどうしよう笑

——————–
▽追記
体験させていただいた取材をもとに慶良間でのダイビングやシュノーケリングツアーの選び方がわかる特集ページができました!
>>慶良間ダイビング・シュノーケリングツアー徹底ガイドはコチラ!

その他記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ