慶良間島体験ダイビングに挑戦!(ご協力店舗シーマックスさん)

※平良のイメージ画像
pc-teacherどーも!初めまして沖楽ダイビング予約サイトの制作のスタッフの平良です。初めてのブログ投稿ネタは「体験ダイビング」
きっかけはダイビング予約ポータルサイトを作成するため営業の松田君が各ダイビングショップへ回っているとシーマックスさんから「サイトを制作するなら体験ダイビングをしてみるとどう?」ということからでした。

確かに・・・サイト作成するなら「体験ダイビングをするしかないでしょう!!」とご厚意に甘えて、慶良間島に営業2名、制作スタッフ1名、合計3名で体験ダイビングにチャレンジしてきました!

体験ダイビングにご協力して頂いたシーマックスさんありがとうございます。

準備と当日の服装について

【服装】:水着、サンダル着用
体験ダイビングを行う前にまずはPADI病歴/診断書を書きます。余談ですが診断書にはYes・Noで答えないといけないみたいで僕は「はい・いいえ」と書いてしまい書き直しに・・・!みなさんご注意を!

出発場所「那覇北マリーナ」に現地集合

沖縄県浦添市伊奈武(いなんせ)1-3-5 港の入口にと看板が出ています。
※現地集合とありますが、店舗に予約すれば送迎があります。


大きな地図で見る

慶良間島に出発!!

体験ダイビングブリーフィング慶良間島につくまでに体験ダイビングを行う際の注意点を説明をシーマックスのスタッフ天野さんから受けます。

説明後に軽いテストがありましたが、難なくクリアー!!(本当にOK??とちょっと心配になりましたが笑)

ウチザンでまずはシュノーケリング

シュノーケリング
まずはシュノーケリングでウチザン周辺を軽く水中散歩!透明度がすごくて最高でした!キビナゴの群れがいてこのキビナゴを食べにマグロなどの回遊魚が来るそうです。

で・・・下を見ると出発時に同乗していた方々が海中にある自然に出来たトンネルを通過しているではないですか!?!?
・・・うらやましい・・・あそこを潜るにはまだまだ僕たちには無理(体験ダイビングでは潜ってはいけない水深14mぐらいあるらしいです。)

その後に体験ダイビングをするための練習を20分ぐらい行いました。

しかーし!!

ここでみんな船酔いになりダウンしはじめる笑3人とも船酔いしました。

体験ダイビング船酔い船酔い気味の松田君

天野さんに「船酔いなめていたでしょー」と笑いながら言われる始末(ギク!はい・・・なめていました)

天野さん曰く、液状の酔い止めより固形の酔い止めが良いそうです。ただし溶けるまで時間が掛かるそうで船に乗る直前に飲んでも効果が余りでないみたいです。

体験ダイビングに向けて練習

写真は営業の松田君体験ダイビング練習風景
シュノーケリングを楽しんだ後は体験ダイビングに向けて練習を行いました。
主に行った練習は3つ(他にもあるよ)

  • ゴーグルに水が入った際の水の抜き方。(両手でゴーグルの上側を押さえ鼻から息を出す)
  • レギュレーター(空気を供給してくれる物)を水中で外し、再度レギュレーターを自分で口に装着できるか
  • BCジャケットでの浮力調整

初めてボンベを背負ったのですが、重いこと・・・腰を壊していた弊社のTさんはコレ無理だろうな・・・とふとTさんのことを思い出しました。

>>いよいよ体験ダイビング!!へ続く。

——————–
▽追記
体験させていただいた取材をもとに慶良間でのダイビングやシュノーケリングツアーの選び方がわかる特集ページができました!
>>慶良間ダイビング・シュノーケリングツアー徹底ガイドはコチラ!

その他記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ