水中でバランスが悪い時にまっすぐ泳ぐ方法

ダイビングスキル

初心者のうちは泳いでいても体のバランスがうまくとれなくて、ぐるぐると回ってしまったり、潜降する時におしりから落ちてしまい、手で必死になってバランスをとったりすることが多いです。今回はスマートに、水中でバランスをとって泳ぐ方法について、お話しします。

【1】BCのショルダーベルトをしっかりと締める

水中で体のバランスがしっかり取れないダイバーの多くは、BCのショルダーベルトがきっちりと締まっていないことが多いです。左右のベルトを引っぱれる限り引っぱって、タンクの重心をできるだけ自分の体に密着させます。そうすることによって、遊びの部分が少なくなり、重心のコントロールがしやすくなります。

【2】タンクの重さを利用する

水中でバランスを取ったり、体の向きを変える時は、タンクの重さを利用しましょう。例えば、まっすぐに泳いでいて左に曲がりたい時は、左の肩を落とすと自然にタンクが左に傾き、左側に曲がれるようになります。

【3】体の力を抜く

いくら上記の2点をマスターしても、体に力がガチガチに入っていたら、スムーズにバランスを取ることは不可能です。ダイビングはできるだけ力を抜いて行うスポーツです。力まかせに方向転換をしたり、体のバランスを整えるものではありません。なかなか最初は難しいことですが、できるだけ体の力を抜いてリラックスすることが大切です。もちろん、呼吸をしっかりと整えるということも重要です。

【4】中性浮力を取る

これを言ってしまえば元も子もないのですが、水中でバランスが取れずにバタバタしている方のほとんどは、中性浮力が取れていません。最初は難しいですが、中性浮力を取ることをしっかりと意識しましょう。

これらをしっかりと実践できれば、水中でしっかりとバランスを保ちながら自由に泳ぐことができます。これらが苦手な方は、ぜひ試してみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ