水中で水平になって泳げないダイバーへ、覚えておいて欲しい3つのスキル

ダイビングスキル

インストラクターやガイドに指摘されてわかることですが、自分では水平になって泳いでいるつもりでも、水中では下半身が立っているダイバーがたくさんいます。美しい姿勢で泳ぐために覚えておいて欲しいことをお話します。

【1】適正ウエイトを身につける

水中で下半身が立っているダイバーのほとんどは、オーバーウエイトで潜っています。自分ではしっかりと水平になって泳いでいるつもりでも、ウエイトが重いとその重みで体は必然と立ってしまいます。自分の適正ウエイトを、再度チェックしてみましょう。

【2】中性浮力を意識する

水面でBCの空気を抜いた後、水深が深くなってもBCに吸気しないダイバーは深場ではマイナス浮力になっていることが多く、下半身が立っているのをよく見かけます。中性浮力は無理矢理、力でとるものではありません。BCの吸排気と肺のトリミングをうまくつかって、中性浮力をしっかりととることを意識しましょう。

【3】肩の力を抜く

適正ウエイトで、中性浮力がとれているのにも関わらず、水平姿勢で泳げていないダイバーのほとんどは、上半身、とりわけ肩に力が入っています。この力を抜くことができれば、体が立つことはありません。ダイビング中に余分な力は不要です。エントリーしたら水面で潜降前におもいっきり息を吐いて、肩をゆっくりと何度か上下させてみましょう。また水中でも時々止まって、体を起こして肩を上下させてみましょう。泳ぐのもとても楽になるはずです。

水中で体が立っていると、見た目が悪いばかりでなく、砂地でのフィンキックによる砂の巻き上げにつながったり、エアーの消費量が早くなったりしてしまいます。美しい水中姿勢で泳ぐことは、初心者から中級者へのステップです。あなたの泳ぐ姿勢を一度、インストラクターやバディ等にチェックしてもらいましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ