スムーズなフリー潜降をするために覚えておきたい3つのスキル

フリー潜降のスキル

流れが速かったり、水深がとても深かったり、サンゴが群生していたりの理由で、アンカリングができないポイントがあります。そんなポイントではフリー潜降の技術が必要になってきますが、初心者のうちはロープがないと不安です。安全にフリー潜降をするための技術をまとめてみました。

【1】エントリー前にBCの空気をしっかりと抜く

通常のボートダイビングでは、エントリーした後に一旦水面に顔を出し、ボートのクルー等にOKサインを出した後に潜降することになっています。しかし流れの速いポイントでドリフトダイビングをする時などは、エントリーして水面下に沈んだ体を、その勢いを利用して潜降することがあります。その際は、エントリー前にBCの空気をしっかりと抜いておくことが必要です。

【2】リラックスして呼吸を整える

緊張していたり呼吸が上がっていたりすると、どうしてもスムーズに潜降をすることができなくなります。しっかりと息を吐いて潜降ができるように、ボートの上で呼吸を整えます。多少準備に時間がかかったりしても、すべての不安を取り除いてリラックスしてからエントリーをした方が、スムーズに潜ることができます。

【3】エントリー前に軽く耳抜きをしておく

フリー潜降をする時に、耳が抜けないとスムーズな潜降はできません。そうならないために、エントリー前にボートの上で軽く耳を抜いておきます。そうすることによって、水中でも耳が抜けやすくなります。

初めてロープなしでフリー潜降をする際は、いろいろと心配なことがあると思いますが、上記の3点をしっかりと実践すれば、初心者の方でも問題なく、簡単にフリー潜降ができるようになります。慌てずリラックスして、ひとつひとつの動作を確実に行うようにしましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ