ジャイアントストライドエントリーをかっこよく決めるための、3つのポイント

慣れるまではちょっと怖いと思われている、ジャイアントストライドエントリー。苦手意識がある人に、ぜひ読んでいただきたい、ジャイアントストライドエントリーのポイントをまとめてみました。

【1】すべては姿勢で決まる

ジャイアントストライドエントリーで海に入るのが怖い人は、ほとんどの場合、前かがみになって視線も自分の足下を見ています。何も見えない海に飛び込むのはたしかに怖いことです。エントリー口に立ったら背筋を伸ばし、視線は下でなく自分の正面を向きましょう。小学生の時に、前にならえをしたのを思い出してください。

【2】ひとつひとつの動作を確実に

姿勢がしっかりとできたら、次はエントリー前の動作をひとつずつきっちりと行います。
(1)BCにエアを入れる。
(2)ゲージやオクトパスなど、引っかかりそうなものは肩から背負う。
(3)自分のつま先が落ちそうになるぎりぎりのところまで、水際へ進む。フィンの先はこの時、ボートから出ているはずです。
(4)マスクとレギュレーターをしっかりと押さえる。

【3】大きく足を水面に踏み出す

ジャイアントストライドエントリーは、ジャイアント=「大きく」、ストライド=「踏み出す」エントリーです。決して水面に飛んではいけません。何もないところに大きく足を踏み出したら、そのまま落ちてしまった、というエントリー方法です。慣れてくれば、踏み出した足と残った足を、着水する時に大きく入れ替えて着水のショックを和らげる等の方法もあります。

しっかりとしたエントリー方法を覚えて、その手順を間違わなければ、ジャイアントストライドエントリーは、決して難しいものではありません。苦手意識をなくして、気持ちを大きく持って、しっかりと踏み出しましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ