水中で華麗な方向転換をしたり、止まったりするために必要な3つのスキル

沖縄ダイビング2

初心者のうちは水中で方向転換をしたり止まったりすることが、とても難しいです。手を使って方向転換をしたり、手でバランスをとったりせずに、自分の進みたい方向に自由自在に泳いだり止まったりするために必要なスキルをお話しします。

【1】適正ウェイトと中性浮力

水中で方向転換をしたり、止まったりするために一番大切なことは体のバランスです。このバランスは、しっかりとした中性浮力を取ることから始まります。そのためには、自分の適正ウエイトを知ることも重要です。まず最初に適正ウエイトをチェックして、中性浮力を取れる状態を作りましょう。

【2】肩の傾きを利用する

体の力を抜いて、通常泳ぐような姿勢になります。中性浮力が取れた状態なら、このまま水中で停止できているはずです。その状態から、曲がりたい方向の肩をゆっくりと下に降ろします。右に曲がりたい時は、右の肩を降ろします。そうすると、背中にあるタンクが肩を落とした方向に下がり、その重みで体が傾きます。この場合は、右側に傾きます。そのままフィンキックをすると、その方向に進むことができます。

【3】タンクの重さを利用する

泳いでいる状態から止まる時も、同じようにタンクの重さを利用します。止まりたい場所に来た時に、水平姿勢から上半身を反り返らせて、水中で立った状態になります。体を立てることによって、停止することができます。泳いでいる状態でいきなり立ち上がるとバランスを崩しやすいため、まずはあごを上げて首、肩、胸と意識しながら体重移動をすると体の安定を保ったままで、止まることができます。

上記の3つのことができれば、水中で手を使うことなく華麗に方向転換をしたり、停止したりすることができます。タンクの重さを使って、重心を変えるということが大切です。そのためには、日ごろから中性浮力を意識して、体の力を抜いて潜ることを心がけましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ