水中でキレイなフォームで泳ぐために大切な事

ダイビングスキル

体が立ってしまったり、中性浮力が取れずに浮いたり沈んだりしていると、どうしても泳いでいる時にフォームが崩れてしまいます。きれいなフォームで泳ぐと、エアーの持ちもよくなるし、体力も使わずに潜れるようになります。今回はきれいなフォームで泳ぐために覚えておいて欲しいことを3つお話します。

【1】適正ウエイトを知る

自分の適正ウエイトよりも重いウエイトをつけて潜ると、体が立ってしまい、水平な姿勢で泳ぐことができなくなります。また軽すぎても、絶えず浮かないように息を吐いたり下に向かってキックをしたりして、まっすぐ泳ぐことはできなくなってしまいます。自分の適正ウエイトを知り、ベストな重さで潜りましょう。

【2】体を水平にして泳ぐ

きれいなフォームで泳ぐために大切なのは、体を水平にして泳ぐことです。言葉で書くのは簡単なのですが、これが以外と難しい。自分では水平姿勢になっているつもりでも、体が立っていたり腰が曲がっていたりしている人も多いです、自分では頭が下がりすぎているかな、と思うくらい頭を下げて背筋をしっかりと伸ばしたくらいが、水平姿勢だと思ってください。

【3】大きくゆっくりとした動きを心がける

水中を泳ぐ時は、大きくゆっくりとフィンキックをすることは基本ですが、足以外もできるだけゆっくりとした動きを心がけましょう。例えば水中で方向を変えるときも、力任せに体を動かして方向転換をするのではなく、タンクの重さを利用して、タンクの重みで方向転換をします。ゆっくりとした大きな動きが、優雅できれいな水中姿勢につながります。

きれいなフォームで泳ぐことを意識すると、いろいろと気をつけなければいけないことが出てくるので、結果的にダイビングスキルが大きく向上します。あなたも上記の3点を実践して、きれいなフォームで水中を泳ぐことを心がけましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ