もしもの時のために覚えておきたい、緊急浮上の方法

安全停止

こんなスキルは使わないにこしたことはないのですが、絶対に覚えておきたい緊急浮上の方法についてまとめてみました。オープンウォーター講習では習ったとは思いますが、もう一度復習しておきましょう。

【1】オクトパスブリージング・アセント

エア切れやレギュレーターのトラブルの際に、バディからオクトパスを借りて浮上する方法です。緊急浮上法の中では、一番安全な方法です。
(1)エア切れのトラブルのサインをバディに送る。
(2)バディのオクトパスの位置を確認する。
(3)お互いのポジションを決める。
(4)お互いにしっかりとホールドする。
(5)オクトパスをもらう。
(6)OKと浮上のサインを交換して、注意深く浮上する。

【2】緊急スイミングアセント

エア切れやレギュレーターのトラブルの際に、バディが近くにいない場合に行う方法です。肺内の空気の過膨張を避けるために、連続排気で肺内の空気を排出しながら浮上します。
(1)レギュレーターをくわえた状態で、浮上を開始する。BC内部の空気の膨張に注意する。
(2)水面まで、息を吐き続けた状態で浮上。水面や頭上の安全には十分注意する。

【3】浮力浮上

エア切れやレギュレーターのトラブルの際に、バディが近くにいない場合で、かつ緊急スイミングアセントでは浮上が困難な水深の時に用いる場合に用いる究極の浮上法です。
(1)深度および他の緊急浮上の困難さを判断する。
(2)浮上を開始しながら、ウエイトベルトを外す。BCに空気が残っていれば、排気せずその浮力も利用する。
(3)外したウエイトベルトが体やフィンに巻き付かないように、手の伸ばして体から離して捨てる。
(4)頭上の安全に注意をしながら浮上。水面が近くなり浮上スピードが早くなってきたら、フレアリングの体位をとる。

トラブルはいつ起こるかわかりません。万一の場合に備えて、いつでもこれらのスキルが使えるように、頭の中で整理をしておきましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ