フィンキックで足がつる人の為の、“足をつらせない”ストレッチ法

初心者のうちは慣れないフィンキックをするので、どうしても足を攣りがちです。水温が低くなってくると、その症状も大きくなっていきます。足が攣りにくくなるためのストレッチの方法を書いてみます。

【1】ふくらはぎの裏側のストレッチ

ダイビングをしていて水中で、一番つりやすい場所はふくらはぎの裏側です。ふだんの生活ではあまり使用しない筋肉なので、ダイビング前にしっかりとストレッチしておきましょう。

(1)壁に向かってまっすぐに立ち、両方の手のひらを壁につける。
(2)片方の足を前に出して曲げる。
(3)そのままの姿勢で後ろの足を曲げずに、腰を上げ下げして後ろの足のふくらはぎとアキレス腱を伸ばす。
(4)足を入れ替えて、同じ動作をする。
(5)(1)から(4)までを、5回繰り返す。

【2】太腿の裏側のストレッチ

ふくらはぎの裏側の次につりやすい場所は、太腿の裏側です。水中でつる部分は、この2つで95%を占めると言われています。ふくらはぎの裏側はもしも水中でつったとしても、比較的用意に筋肉を伸ばして治すことができますが、太腿の裏側は水中で治すのは少し難しいです。ひどいと泳いでダイビングを続けることも困難な箇所なので、念入りにストレッチしておきましょう。

(1)上体を起こして地面に座る
(2)片方の足を伸ばす。膝は伸ばしてつま先は立てる。もう片方の足は、楽なように曲げておく。
(3)目線は立てたつま先の人差し指のあたりを見ながら、伸ばした足の楽に手が届くところに両手を置く。
(4)伸ばした足の方向へ、上体を倒す。
(5)足を入れ替えて同じ動作をする。
(6)(1)から(5)までを、5回繰り返す。

上記の2カ所のストレッチに加えて、足首を軽く回しておけば、ダイビング中の足のつりはたいてい防げるはずです。もしもの時に慌てないように、準備運動は念入りに行いましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ