マスククリアが苦手な人必見!マスクリアが上手くなる方法3つ

シュノーケル
水中でマスクに水が入ってくることほど、ストレスを感じることはありません。マスクの中にたまった水で視界は悪くなるし、鼻で息をすると水を飲んでしまう心配もあります。マスククリアをスムーズにできるようになれば、快適にダイビングをすることができます。今回はその方法をアドバイスします。

マスクフレームを軽く確実に押さえる

マスクフレームの上部を軽い力で、しっかりと押さえることによって、マスク下部のスカート部分が顔から浮き上がり、水の排出口を作ります。しかめっ面になるほど押さえつける必要はありません。わずかなすき間でも、水は出ていきます。強く押さえすぎると顔に皺ができ、新たな水が入ってきて、ますます事態は悪くなります。

ハミングするように息を出す

勢いよく鼻から金魚のように泡を吐いている人がいますが、これは間違いです。細く長くが正解。コツとしては、マスクフレームの上部を押さえたら、北の国からの最初のメロディーを、吐く息が続くところまでハミングしてください。これでマスクが全没した場合でも、すべての水が抜けます。

下を向いてから上を向く

マスククリアが苦手な人の多くは、講習で練習をする時に、インストラクターから少し上を向いて鼻から息を吐きましょうと教えられて、上を向いた途端に鼻から水を吸い込んでむせたという人がとても多いです。上を向いて、というのは正しいですが、水を鼻から吸い込むリスクを少なくしようと思ったら、まず少し下を向くことがポイントです。下を向いてマスクのフレーム上部を押さえます。北の国からのハミング開始。
徐々に顔を上に向けていき、ハミングが終わる頃には水面近くを向いて、水もすべて抜けています。

この(1)から(3)の方法を確実に身につければ、マスククリアは確実に克服できます。海に行く前に、部屋でマスクをつけてイメージをつかんでみてください。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ