ダイバーの憧れ!? 水中ウェディングのメリットとデメリット

誓いのキスをする新郎・新婦
沖縄の海に魅せられてダイバーになる人も多い昨今ですが、そんなダイバーの多くが沖縄の海での特別な瞬間を思い描くことがあります。
それが水中ウェディングです。日本では最近になって水中ウェディングを行うカップルが増えてきたようですが、
そんなダイバーたち憧れの水中ウェディングのメリットとデメリットについてお話しましょう。

一生の思い出に残る

通常の結婚式場でのウェディングとはまったく違うスタイルでのウェディングですから、心に刻まれる思い出も相当なもの。
水上ではなく水中で行われるわけですから、文字通り真っ青な海に囲まれてのウェディングとなります。

お互いの信頼感を得られる

ダイビングという特殊な環境下でのウェディング。生涯を共にするパートナーはダイビングで言えばバディも同然です。
非現実的な空間で行う愛の誓いだからこそ、お互いの存在を強く確かめられるものなのかもしれませんね。

大勢の参加者を呼ぶことができない

水中ウェディングをするのにライセンスは必要ありませんが、かといって大勢の参加者を呼ぶわけにもいきません。
ライセンスが必要ないと言ってもすることはダイバーと同じですから、器材だって装備しなければなりません。

なかなか周囲の理解を得られない

「水中で結婚します!」と言って、「はいそうですか」と納得される親族はまだまだ貴重な存在です。
水中ウェディング自体も認知度が低く、なかなか周囲の承諾を得られないというもどかしさがあることも理解しておきましょう。

いかがでしょうか? 上記以外にも、浮力でドレスが乱れないための工夫をしなければならないなどの難点もあるようです。
これらのメリットとデメリットを充分加味した上で、しっかり話し合ってみましょう。

こちらの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ