ダイビング用語集「は行」|沖縄ダイビング・シュノーケリング比較予約サイト【沖楽】

ダイビング用語集

スキューバダイビング・シュノーケリングでは、日常では使用しない器材やテクニック、海の環境や生き物などを表現するために、さまざまな専門用語が使われています。 これからダイビング・シュノーケリングを始める人や、ショップのプランを見比べる時に役立つダイビング・シュノーケルの基本的な用語をご紹介します。

ダイビング用語集

「は~ほ」から始まる用語

【バックロール・エントリー】
ボートのへりに座り、背中からエントリーする方法です。エントリーする際には、マスクやレギュレーター、コンソールゲージなどを押さえてゆっくりと入水するのが基本です。

【バディ】
スキューバダイビングの際に、共に行動する相手のことです。基本的には、2人一組でのダイビングが大前提となります。「海猿」などでもお馴染みです。

【バディブリーフィング】
エントリーする前に、バディと共にお互いの器材などをチェックし合うことです。バディチェックとも呼ばれます。スキューバダイビングでの事故は、こうした事前のブリーフィングが不十分であったりすることが多くあります。

【ハンドシグナル】
手信号のことで水中におけるコミュニケーション手段のひとつです。世界共通の手信号なので、海外でのダイビングにも役立ちます。

【BCD】
浮力調整具のことです。水面での待機中には浮き袋としても使用できます。最近ではジャケットタイプが主流となっていて、製造メーカーや指導団体によっては、BCやBCJなどとも呼ばれます。

【ビーチ】
一般的には海水浴のできるような砂浜のことを指しますが、スキューバダイビングにおいては、海に面している陸地であれば岩場や岩礁でもビーチと呼びます。

【ビーチダイビング】
ボートからではなく、砂浜や岩場などからエントリー&エキジットすることです。ビーチダイビングでは、足元が不安定であったりすることが多いので注意が必要です。

【病歴診断書】
講習前に必ず必要となる書類のひとつです。ダイビングをしても大丈夫な健康状態であるかどうかの判断基準となります。

【ファンダイブ】
レジャーとして楽しむダイビングのことです。Cカードさえあれば誰でも楽しめるダイビングで、撮影や鑑賞などそれぞれの好みで楽しむことができます。

【フィン】
足に着用するヒレ状のもので、水中をスムーズに進むことができます。計器材で、3点セットのひとつでもあります。裸足のまま着用するフルフットタイプと、ブーツを履いたまま着用するストラップタイプがあります。

【フード】
頭にかぶるタイプの着衣です。防寒や怪我の保護などを目的としています。ベストと一体となったタイプと、フード単体のものなどがあります。フードでの防寒対策は必須です。

【プール実習】
プールにおいて、基本的な技術を学ぶことです。ここでダイビングに必要となるスキルを身に付けます。限定水域とも呼びます。

【ブランクダイバー】
次のダイビングまで、概ね一年以上の期間を空けてしまったダイバーのことです。せっかくCカードを取得しても、そのままブランクダイバーになってしまう例も少なくありません。

【ブリーフィング】
スキューバダイビングを行う前に、ガイドがしてくれる説明のことです。注意事項など重要な説明もなされるので、しっかりと聞いておくことが大切です。

【浮上スピード】
文字通り、浮上する際の速度のことです。減圧症を回避するために、ダイビングコンピューターなどで規定された浮上スピードで浮上し、それよりも速く浮上してはいけない決まりになっています。指導団体ごとに使用している機器によって基準が異なります。

【浮力浮上】
緊急時に、ウェイトベルトなどを捨てたりして浮上する方法です。タンク内の空気が無くなってしまったり、そうした緊急時にバディがいないなどの状況における最終手段です。

【ヘッドファースト】
スキンダイビングやドリフトダイビングにおける必須スキルです。うつぶせの状態から直角に体を曲げて、勢いに任せて足を垂直に上げる態勢のまま足の重みを利用して潜降していくテクニックです。

【ベンズ】
減圧症のことです。過剰に摂取した窒素によって様々な症状が引き起こされます。最悪の場合、重度の症状に見舞われることもあります。

【ペーパーダイバー】
車のペーパードライバーと同じ意味です。Cカードを取得した後に潜っていないために、必要な知識等を忘れるなどして身に付いていないダイバーのことを指します。

【ポイント】
ダイビングポイントのことを略してポイントと呼びます。ダイビングはどこでもできるわけではなく、決められたポイントで行うことが基本です。地域によって様々な姿があり、それらを比較してみるのもおススメです。

【ボートダイビング】
ボートから直接エントリーやエキジットをする方法です。ガイドからボートダイビングに関する要点などの説明があるので、確実に聞くことが大切です。