ダイビング用語集「ら行」|沖縄ダイビング・シュノーケリング比較予約サイト【沖楽】

ダイビング用語集

スキューバダイビング・シュノーケリングでは、日常では使用しない器材やテクニック、海の環境や生き物などを表現するために、さまざまな専門用語が使われています。 これからダイビング・シュノーケリングを始める人や、ショップのプランを見比べる時に役立つダイビング・シュノーケルの基本的な用語をご紹介します。

ダイビング用語集

「ら~ろ」から始まる用語

【ライセンス】
Cカードのことです。Cカードはダイビングの講習が修了すると発行されます。Cカードは免許ではないので、正式にはライセンスという呼び方は間違いですが、一般的な呼称としてCカードのことをライセンスと呼んでいます。

【ラダー】
ボートに設置されているハシゴのことをラダーと呼びます。ダイビングを終えて、海からボートに上がる際に使用します。

【リップカレント】
潮の流れのひとつです。引き潮の際に、浅瀬にある岩礁などの切れ目に潮の流れが集中して強い潮流が起こります。これをリップカレントと呼びます。リップカレントにおけるエキジットは、特に注意を必要とします。

【リバースブロック】
水圧によって起こる耳のスクイズの逆バージョンです。風邪などで鼻の調子が思わしくないときなどに、耳や額などに圧迫感や痛みを生じる現象です。大抵の場合は耳抜きをすると改善されます。ただ、無理をすると深刻な状態を招きかねないので、体調が優れないときはダイビングを回避するのもひとつの選択肢です。

【レギュレーター】
ダイバーが水中で呼吸するための器材です。高圧で入れられているタンクの中の空気を、人が吸えるレベルにまで下げる役割をしてくれます。日本では、略してレギュなどとも呼ばれます。

【レギュレータークリア】
口にくわえたレギュレーターが万が一離れてしまった場合に、レギュレーター内に浸入した水を追い出すための方法です。軽く息を吹き出す方法などがありますが、シュノーケルからレギュレーターへと交換する際にもこの方法を使用します。

【レギュレーターリカバリー】
くわえたレギュレーターが口から離れてしまうと、必然的に背後へと回ってしまいます。その際に、速くレギュレーターを探し出す方法をレギュレーターリカバリーと呼びます。ホースを辿って探すリーチ法や右手を大きく背後に回すアームスイープ法があります。

【レスキューダイバー】
スキューバーダイビングの指導団体が定めるライセンスのひとつです。他のダイバーのトラブルにも対応できるスキルをもったダイバーのことです。レスキューダイバーのコースを学ぶことで、大きなスキルアップにも繋がります。

【ログブック】
ダイビング日誌です。潜水した日時や海の状態、どのポイントに潜りどのような器材を使用したかなどを記録するためのものです。ダイビング経験を提示する際には重要な役割を果たします。