おさかな図鑑「オニイトマキエイ(マンタ)行」|沖縄ダイビング・シュノーケリング比較予約【沖楽】

オニイトマキエイ(マンタ)

オニイトマキエイ(マンタ)

名称 オニイトマキエイ(マンタ)
分類 トビエイ科
全長 最大 7 メートル
生息地域 南日本、琉球列島、全世界の亜熱帯・熱帯域に分布する。
特徴 "表中層海域を単独あるいは数匹の群れで回遊する。外洋域から沿岸のサンゴ礁域まで、幅広く生息する。卵胎生で、春先から秋口にかけて、胎盤幅約70センチメートルほどの胎仔を、1?2匹出産する。俗名、マンタと呼ばれる。 "
備考

他の生き物も見てみましょう!